2008年05月19日

ようつうのうた

昨日からなんだけど。

腰痛が…。
これが腰痛なのか。こいつは辛い。
今まで腰痛になった事があると思ってたけどアレは腰痛じゃないよ。
今回のコレがそうなんだよ。


腰痛をテーマに作詞してみた。


------------------------------

冷たい空気が刺激する
立てなくなるほど愛したい
じわじわ伝わる電撃は
アナタの愛だと信じたい

大地を背中で感じる朝が好き
情熱を体に包む夜が好き


いつでも一緒 アナタと一緒 YOU too... YOU too...
いつでも二人 アナタと二人 YOU 2 YOU 2

抱きしめて もっと抱きしめて
くだけるくらいに抱きしめて
この愛がいつまでも体にしみわたるように






腰いた〜い。
posted by べねるっぱ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

さあ忙しい一日の始まりだ!

お腹空いたよ〜。

ってなワケで作詞してみた。


おそらに浮かんだ綿菓子を一口パクリとやりたくて、素敵な笑顔で窓にキッス!

俺様はカオスの中で産声をあげた醜いアヒルだ!
俺様は泥水かぶっても花を咲かせるアスファルトの雑草になるんだ!


キラキラ輝く太陽はいつも僕らをみつめてる。眩しい君へのウィンクは合図じゃなくて花粉症。


酒だ!酒だ!酒持ってこい!

あぁ!お腹が空いた!
昆布が食いたいよ〜。
イェイ!
posted by べねるっぱ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

グリーン記念日

緑が萌える我が大地

そびえる連山麗しく

友情 勇敢 有給休暇

行くぞ 行くぞ

我らの学舎 着ぐるみ高校





道が混んでますがな。
急げ〜!
posted by べねるっぱ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

1GBのラブソング

〜YOUTUBEの唄〜

YOUTUBEでは10分以上の動画はアップ出来ないって制限があるんだ。
容量は1GBまで大丈夫なのにね。

以前、無理矢理合コンに連れて行かれた事があるんだ。
するとみんなが、
「もっと積極的に行けよ」
「もっと女を楽しませろよ」
って言うんだ。

その時思ったんだ。男が全ての女を楽しませなきゃいけないのかなって。
また会いたい、笑顔が見たい、喜ばしてあげたい、そう思った人に一生懸命になりたいんだよね。

だけど、そんな人が現れても何も出来ないでいる事も多いんだ。
デートに誘って1日楽しませる自信も無いけど、
10分間なら出来そうな気がする。

だからアナタの10分を僕に下さい。

1GBの想いをこめてメリークリスマス♪

〜作曲者募集中〜


posted by べねるっぱ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ちくわ

暇な方は、現在、作詞中のこの曲の続きを考えて下さい。
出来がよかったら、ラルクに使ってもらえるよう手紙出します。

曲名(未定)

練られて焼かれて炙られて
細くて長いラプソディ
水の遺産のパイプの中を
緑の鍵で埋めるのさ
( a tubular roll )  とろけるような
( of boiled fish paste ) マヨをかけて
食い尽くせ over the world
posted by べねるっぱ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

何を期待してるんだ?

知っているんだ。

携帯なんて無くても何も変わらない。

posted by べねるっぱ at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

嘆き。

パスを出してもシュートを撃ってくれない!
posted by べねるっぱ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

眠りの国

眠りの国から呼んでるよ。

こっちは楽しいよってね。
きっとそれは嘘じゃないんだ。
まだ1時間以上あるって幸せだもんね。

あと5分…
あと3分…

まだいたい。
まだいたいのに…。

何が言いたいかって?

祝祭日は休みにしやがれって事だ!

こんな日に仕事させてモチベーションがあがるのかい?

たりらりら。
posted by べねるっぱ at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

休出の唄

秋晴れの日曜
すさんだ企業に
一人たたずむヒーロー
企業戦士リーマン♪

リーマンパンチはキーボード!
リーマンキックは貧乏ゆすり!
リーマン土下座で山を越え〜♪

寂しい夜もあるじゃないか〜♪
振り向けば振り向けば
そこにいるのは警備員〜♪

リーマンチョップは受話器取り
リーマン頭突きで名刺交換
リーマン有休はしかとされ〜♪

「明日休みっすよね?」
「他のみんなはな!」

頑張れ休出〜♪
自分に乾杯!オーイエー。

ライライライライライ〜大地が奏でるオーケストラさ。
ルーラルルーラル〜心に響く風のメロディ
posted by べねるっぱ at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

斥力

出会いは引き合う磁力のよう
別れもまた同じ
一つの石が流れ込み
多くの石が流れ出す
新たな石は広い大地を手に入れる



====================

目撃した風景

こんな感じで四人が休憩していました。

● ●
┌──┐ ┌──┐
└──┘ └──┘
● ●


すると1人の人がやってきて、

● ●  ○←←
┌──┐ ┌──┐
└──┘ └──┘
● ●


あからさまに場所移動。

○ →● →●
┌──┐ ┌──┐
└──┘ └──┘
→● →●

なんだか可愛そう。
posted by べねるっぱ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

密かに漏れてる輝く未来
先人の後の隙間を狙い
困難に触れずして楽園に続く人がいる
その光景に魅了され続いてみるが
希望はいつも自分の前で閉ざされる


---------------------------------------------------

_/_


こういう風に開くドアがあるじゃないですか?
前を歩く人が思いっきり開けた場合、
後ろに続く人はそのまま通っちゃう事ってありますよね。

ところが更にその後ろの人はさすがに通れないですよね。
目の前でバタンと閉まっちゃったりして。
自分がソレに遭遇したら何か悔しくない?
posted by べねるっぱ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

墜ちていく笑顔

灼熱のミストのキングダム
霧をかき分け旅人が休息を求める
希望に満ちた眼差しで安息の地を目指す
見つめるラインがクロスして
癒しの地へと迎える刹那
大地の導きに足をとられ、
夕日のように沈んでいった


-------------------------------------
温泉にて知らない人が笑顔で歩いていた。
その人と目が合った瞬間、
その人がズルッと滑った。
posted by べねるっぱ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

振り返る視線の先

栄光に向かって歩き出す
先行く者の作った道を踏みしめて
先行く者が振り返る過去
それは今の自分ではなく
更に後行く者たちへの未来の為


-------------------------------------------------------------------
廊下を歩いていたら突然、
前を歩いていた人が振り向いた
「○○さんは?」
「後から追いつくって」というような会話をしていた。
その後、突然振り向き
直後を歩いていた自分に目線が集中してびっくりした
相手もこの人じゃないとびっくりした
posted by べねるっぱ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

障害だらけの人生だから

果てしなき地平線の向こうへ行こう
永遠の先の栄光に向かって行こう

目の前の困難に脅えて向きを変えてもいいじゃない?
目指す光は同じなのだから

本当に求めてるのは眩しい光
社会に疲れた戦士だから
弱い光に吸い込まれる事だってあるさ

だけど目指す光が同じなら出会う困難も同じなのさ



-----------------------------------------------------------
仕事を終え、家に帰ろうとしたら
道路工事やってて混んでいたので回り道をした。
でも結局は別の道でも道路工事をしていた。
posted by べねるっぱ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

夢の合流地点

一人を求めてここに辿りついたわけじゃない
ただ意識が一人であると認識しているだけ
欲望は一人だけじゃない
その場所は自分だけのものじゃない
分かっているけど意識がそう認識しているだけ
涙じゃないよ。焦りじゃないよ。
同じ夢を見てる仲間達の光が眩しいだけさ


-------------------------------------------------
道端の自販機でジュースを購入しようとしたら
後ろに3人も並んでいた。
田舎道の自販機で行列を作る経験って
あんまりないよな。
被害妄想かもしれないが、ジュース買うだけで
かなりプレッシャーを受けました。
posted by べねるっぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

人生は果て無き旅

この大地はどこまで続くのだろう
その終端を探すべく旅に出た

終わりの見えない人生の旅
一人すれ違い、また一人すれ違い

周りの見えないひたすらな生き様
夢や不安が軌道を決める

接触を恐れ分岐を求め
相手もまた同じ道を目指す
なぜならそこに風が吹いているのだから


-----------------------------------------------------------
下を向いて歩いている人がいた。
気づいていないと思ってよけたら、
その人も同じ方向によけた。
えっ、見えてたの?
posted by べねるっぱ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

激しく見えない沈黙の旋律

不透明な悪魔のメロディ
真顔で奏でる暗黒の旋律
過去の光は闇に変わり
小さき宇宙に混沌を作り出す
ここにいるよと電波を飛ばし
分かっているよと沈黙を飛ばす


---------------------------------------------------------
餃子を美味しくいただいたのはいいが、
にんにくの臭いがとれないみたいだ…
知らん振りはしてたけど気づくよな?
結構、しゃべっていたし…
誰も何も言わないのは気を遣ってるのか…あせあせ(飛び散る汗)
posted by べねるっぱ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

夢と現の狭間から栄光に手を伸ばす

大地の声を聞き
狭き門に手を伸ばそう

右手に治めた栄光を
未来の闇落とす時

苦労多き幸福の道
平穏なる絶望の道
二つの分岐を選び出す

栄光を取り戻せ
はいつくばって取り戻せ


-------------------------------
自販機の下に小銭を落とした人が
必死に手を伸ばしている姿を見た
-------------------------------
posted by べねるっぱ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

夢に溺れる真夜中のシャンデリアに混沌とした現世がノックする

凍える季節のぬくもりを
試練に耐え得た安らぎを
きっと忘れる事はない
日の出で終わる刹那の楽園
感謝の気持ちを抱きしめて
時の刻みは苦にならない
きっと明日も会えるから
干渉されない一人の空間
光を灯した戦士の休息
明日への気力を蓄えて

予期せぬ事態が肩叩く
突如訪れる闇のカオス


----------------------------------------------
仕事を終えて家でのんびりしようと
電気つけてストーブの電源入れてテレビつけたら、
ブレーカーが落ちました。
----------------------------------------------
posted by べねるっぱ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

灼熱の空間

灼熱の先にある楽園
ただそれだけを信じて
一歩踏み入れる
まやかし?
幻想?
心奪われるものは
果てしなく多くて


--------------------------
サウナに行ったら混んでいた
posted by べねるっぱ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。