2005年10月19日

キムチ

コンビニでキムチを買ったら箸がついてきた。

環境的観点から弁当類に箸はついていない。
箸が必要であれば、客が店員に伝え、箸をつけてもらう。
表向きはそうなっているのだが、
店員の判断で必要だと思った客に箸をつけているのが現状。

箸が必要かどうかは、大体は食べる場所によって決まる。
職場だったり、車の中だったり、草原だったり。
普通に考えて箸が無い環境である事が条件になる。
客側から何も言わなければ、店員がそれを推測し箸をつけるか判断する。
弁当であれば、家で食べる事もあるし、どこか外で食べる事も想定出来る。
カップ麺は微妙な位置だが、お湯さえあればという条件で考えれば、
箸が無い所で食べる事を想定しても不思議はない。

でも今回、買ったのはキムチだぞ。
キムチの他には牛乳も買ったが、それ以外は買っていない。
確かにキムチは箸で食べるが、家とか大抵は箸があって当然の場所で
食べるという予想は困難ではないと思います。
コンビニで弁当買って車の中で食べる人とかいるけど、
キムチ単体は、そんなにいないと思う。
お酒のツマミにする人はいるかもしれないが、
今回は牛乳を買ったので、それは無いと思います。
家に帰って、御飯のおかずにという想像がつけば箸は必要ありません。

箸が必要と判断したからには、
草原でキムチをつつき牛乳を飲み干す光景が思い浮かんだのでしょう。
どういうキャラクターなのでしょうか?

んー。箸が必要な時言うのはいいが、こちらから「いりません」って言うのもなぁ。
やっぱり箸が必要かどうか確認してくれるのが一番です。


posted by べねるっぱ at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | コンビニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キムチと牛乳…。すごい組み合わせですよ!
Posted by 電池男 at 2005年10月19日 23:46
不足していたモノを買いに行っただけなんだけどな…。
キムチと牛乳だけで一食済ませるように見えるのだろうか。
Posted by べねるっぱ at 2005年10月20日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。