2010年05月24日

つけめん

つけめん

昨日、ラーメンを食いに行った。

入り口で食券を買ってから入るお店で、
Mさんが一番最初に買って、入店して席を確保してくれた。

いろいろ悩むうちに一緒にいたCさんは、別の店に行った。
五人くらいでいたんだけど、三人が別の店に行った。


べねるっぱはMさんの所に行きました。
Mさんはポツンとお水を用意していました。


こんなに気が利くMさんに労いの言葉もかけず、

「自称ラーメンマニアって5段階評価で4までしかつけないよね!」
ってラーメン食べる度にいつも言ってる持論を延々と方ってしまい、
ごめんなさい。

そして終始、「そうだよね」って言ってくれてありがとうございます。

私は、つけめんを食べました。
posted by べねるっぱ at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みんながこの店の食券を買おうとした時に「ここ、前に来た時、スゲー不味かったから、すまないけど俺は他んとこにするわ」と言って列を離れた私は、これから先、日本でやっていけるのだろうか?

ちなみに私が入った店は他2名は満足していたようだけど、少なくとも私が頼んだラーメンは見事に不味かった。
Posted by たしん at 2010年05月26日 13:52
>たしんさん

うまければ嬉しいし、
不味ければネタになるのですが、
「普通」っていうのが難しいですね。

差し支えなく「普通」という言葉を言ってしまう自分にとっては、はっきり言えるたしんが羨ましいですよ。
Posted by べねるっぱ at 2010年05月28日 01:00
鬼才・三木聡・監督、主演・上野樹里の2005年公開の、
「亀は以外と速く泳ぐ」っていう滅茶苦茶、おもしろい映画があんのね。

そんで本職はスパイである松重豊がラーメン屋として潜伏しながら指令を待ってるんだけど、スパイだから目立っちゃいけない訳だ。

だから世間の注目を浴びることが決してないよう、行列が出来るような旨いラーメンも、店が潰れてしまうような不味いラーメンでもない「そこそこの」ラーメンをわざと作り続けているわけ。

そんで終盤、ついに任務遂行の指令が来て仮の姿のラーメン屋ともオサラバという時に初めて意図的に旨いラーメンを作って食べるんだけど、俺は感動して泣いたね(笑)。
Posted by たしん at 2010年05月29日 00:42
>たしんさん

「亀は以外と早く泳ぐ」を調べてみたら、
ドラマでやってた時効警察と、
同じ出演者が出てるみたいですね。
しかも三木聡脚本・演出。

観た事ないんで、DVD探してみます。
Posted by べねるっぱ at 2010年06月01日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック