2005年10月11日

強弱

楽譜の中にある記号で「f」とか、「p」とかあるじゃないですか?
強弱をあらわす意味でそれぞれ、f(フォルテ)は強く、p(ピアノ)は弱く、って意味なんです。
言ってる事は単純ですが演奏のうえでは重要なポイントです。
強弱のない曲なんて棒読みと一緒です(たぶん、おそらく、きっと)

会話のうえでも聞かせどころは強くいいますよね?
その強さを際立たせる為に、他の部分を弱くしたりしますよね?
楽器を弾かない方でも「f」や「p」は大切です。
人生の至る所で必要になりますので勉強が必要です。

紙パックの牛乳にストローさしたら、突然出てきた。
これは「p」が正解でした。力んではいけません。

あの頃、追いかけていた夢。結局、両親に反対されあきらめた。
今思えば「f」にしておくべきでした。

この瓶の蓋開かないんだけど?
みんなで回して誰が一番「f」か探して下さい。
きっと新しい発見が出来ます。

この前、デパートに行ったら「p」って表示があったんですけど。
それは駐車場です。今回の内容とは関係ありません。

泣きたいんですけど…。
「f」でも「p」でもどちらでも涙には意味があるんです。
流れに身を任せて下さい。

この話に何かオチをつけて下さい。
出来ません…(p)
posted by べねるっぱ at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。