2005年10月31日

10月のまとめ

結局、何をやっていたんだろう…。
思い出はまた来月に繰越です。

(部屋掃除)
目標をかかげたくせに、変化は無し。
「散らかっている」を、「置いてある」と表現する方もいらっしゃるが、
今回、自分も使わせてもらっていいですか?
部屋掃除は来月も続行という事で。
悪化だけは防ぎます。

(風邪)
寝込む風邪をひいたのは久々。
苦しいのは覚えているけど、どうやって乗り切ったかは覚えていない。
錠剤は飲みなれていないので、水の摂取が増えるばかり。

(ブログ)
電池さんにトラックバックしてもらいました。
やはり、トラックバックやコメントはブログの醍醐味かと…。
アクセスアップに力を入れるべきか考え中。

(衣替え)
部屋が散らかってる半面、長袖シャツは、きちんと片付けてある矛盾。
出すのはいいが、夏服をしまうのを横着しないかどうか心配。

(許して)
CDやDVD借りっぱなしですみません…。きちんと返しますので…。

(11月の目標)
冬支度の徹底。
posted by べねるっぱ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | あらすじ(まとめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

いい加減

知らない親戚に会ったとして、
(祖父の弟の息子だとか母の叔父だとか)

「○○の子です」
と紹介するのはいいが…。

「お父さんに似てるね」
「お母さんに似てるね」

って返し…。
言わなくてもいいと思いますよ。
父や母に似る事が嫌だという話ではなくて。

どこか似ている根拠があって言ってるのならいいけど、
母の親戚で、父に似ているとか言われても…、
そんな微妙な親戚さんが、父の顔、知ってるとは思えない。

ほんとにいい加減…。

posted by べねるっぱ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 身内のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親戚大集合

うぉーーーっ!うどんを返せ!

う・ど・ん

どれだけ自分が、うどん好きなのか知ってるはずだぜ、アンタは!!!

続きを読む
posted by べねるっぱ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 身内のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

部屋掃除〜第三章〜

明日は親戚大集合です。
スーツが必要なんで用意していました。
ネクタイが必要なんで探しました。

見つからない…。

押入れにしまいこんだと思ったので、
押入れの中を探す事に…。

げぇっ!

前回の部屋掃除の時に、思いっきり押入れにいろんなものを詰め込んだ。
まずは目で見える範囲を探したが見たがみつからない。
これは本格的に掃除も兼ねて全部出して探すしかない。

がたがたがたーん

雪崩だ!雪崩!
とりあえず全部出し、いらないものを処分しながら戻す事に決定。
しかし、いらないと判断出来ないから前回押入れに詰めたワケでして…。
結局、処分は後日にする事にして片付け開始。
とりあえず押し入れ整理完了。
ふぅ、何か飲み物でも欲しいなぁ。
疲れたし寝るか。


おい!待て!

探し物が見つかってないじゃないか!
ここにあると睨んでいた押入れにはないワケだし、
気になる場所は洋服棚だけなんだが、ぶちまけるのは嫌だ。
新しいのを購入する選択肢もあるが、ネクタイ紛失に気づいたのが午後10時。
明日は9時集合。
誰かかから借りるかネクタイ無ししか選択肢は無い。
探していたネクタイはあきらめて、違うネクタイにするしか、
しかしどこにしまったのだろう。このネクタイ。

あれっ?

コレだよコレ!
何故、手にとりながらこのネクタイが無いなんて探していたんだ!
posted by べねるっぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

様々な局面で白を選んでしまう事がある。
どうして白を選ぶのだろうか。

気を配っているつもりなのに、使い込むと汚れが目立ってしまう。

シャツ

着込んでいるうちに色がかわっていくよな。
黄色や茶色とか・・・。さすがに赤とか緑はないけど…。
完璧に色がかわってくれれば、最初からこういうシャツだったと言い張れるが、
いかにも着込んで色がかわりましたって感じだし。
もう1回着れるんじゃないかっていう微妙な頃合。
普通の人は、どこで捨てる判断してるのだろう…。
まあ、外出せずに家で着るぶんには…と判断し保存してあるがシャツが数十着…。



高校時代に先生に言われた事があります。
「日本人のほとんどが白い車に乗っているんだ。
でも、それ以外の色の車に乗ってる人の方が交通事故を起こす割合が高い。
だから、俺は白い車に乗るんだ」
多分、はみ出した事をするなという事を言いたいんだけど、意味不明な例えだ。
でも、印象に残ったのでそういう意味では、名言なのかと。
結局、今乗ってる車はシルバーなワケなのだが…。
もちろん車を購入する時、その言葉を覚えていたワケだが、
結果的に、見返してやりたいという反発の方向に影響されたという事だ。

ピアノ

よく弾く音はどうしても汚れが早い。手を洗って注意を払ってるつもりなんだけど。
色をかえろと言ってもこればかりは…。白鍵とか黒鍵とかいう言葉もある事だし、
赤鍵や青鍵があったら、見てみたいけど所有はしたくない…。

予定表

白いままです。黒くしたいです。協力お願いします。
posted by べねるっぱ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

口があれた…

考えてみたら、リップクリームは、あれ防止だよな。
もう既にあれてたら買う意味ないじゃん。
posted by べねるっぱ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部屋掃除〜第二章〜

とりあえず、捨てても問題無しと即決したものを処分しました。

多少のスペースを確保できたので、
捨てるかどうか迷っている廃棄予備軍たちの一時的避難所を作ります。

いつか役に立つと、とっておいたお菓子の空き箱…。
結局、役に立たなかったか。

押入れの中で一番スペースをとっているのが、
パソコンが入ってたダンボール箱。
家電関係って箱を捨てるか保管するか迷うところです。
保管すると判断した結果が現状なんですけどね。
何故か正体不明の無地のダンボールもありますし、
ダンボールに囲まれていてある意味ホームレス生活かと。

そうだ!磁石さんに預かって…
やっぱり、怒られそうだな。やはり喜んでもらわないとな。
「ダンボールブーム」を巻き起こしてごまかすかな。

今、ダンボールが大流行!
家電などのダンボールを部屋に並べる事こそ紳士淑女のたしなみ!
おだやかな日曜の午後にダンボールを眺めながら紅茶を飲む。
なんてロマンチックな風景なんだ!
ロマンチックなんて言葉は、
磁石さんにこそふさわしいじゃないか!よっ!はっ!どんっ!

このダンボール、「レア」だぜ「レア」!
マニアに売れば、数万円はする限定品の中の限定品。
どうだ部屋に置いてみないか?

このダンボールには、ご利益があります。
あの全米釣りチャンプがまだ無名の頃、
部屋にこれをおいて毎日、拝んでいたらあら不思議。
じゃんじゃん釣れまくり。エサが無くてもよってくる程にだ!どうだ?

無理だな…。
posted by べねるっぱ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

誤字修正

過去の記事を見たら、誤字脱字があまりにも目立ったので修正作業開始。
すげー、時間かかった。

記事内容の間違いだったら、新しい記事で論じる方法もあるけど、
誤字脱字を、別の記事で説明するのは無しかと思い、コツコツ修正。

最初に確認してるはずなのに。
気づくのに時間がかかると、誤字脱字状態で公開してる時間もかかってる事になるので、
なるべく早く対応したいんですけどね…

すぐに修正作業が出来ない時に限って、気づくのです。
(出かけ先に携帯電話から見た時とか…)

このままだと修正寝不足になってしまうな。
風邪も完治してないし…。気をつけなくてはいけない事だらけ。
posted by べねるっぱ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 嗚呼、ネット人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねじねじ(2)

以前の記事「ねじねじ」についての訂正

雑誌はねじねじされない(無理矢理する人もたまにいる)と言いましたが間違いでした。
週刊誌とか、簡単にねじねじ出来ます。今日もまたやられたぁ〜。
posted by べねるっぱ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コンビニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏目

向こうから人がやってきた。同じ道を歩いているのでどちらかがよけなくてはいけません。
自分がよけた方に相手もよけ、それをよけようとすると相手も同じ方向に…以下繰り返し
よくある事です。
そんな展開が読めたので、少し横にずれて立ち止まりました。
相手はすれ違う寸前で曲がって違う道に入って行きました。


向こうから人がやってきた。同じ道を歩いているのでどちらかがよけなくてはいけません。
自分がよけた方に相手もよけ、それをよけようとすると相手も同じ方向に…以下繰り返し
よくある事です。
そんな展開が読めたので、分かれ道が無い事を確認のうえ、少し横にずれて立ち止まりました。
同じタイミングで相手も立ち止まりました。先に通り過ぎようとしたら相手も同時に動き出し…以下省略


向こうから人がやってきた。同じ道を歩いているのでどちらかがよけなくてはいけません。
自分がよけた方に相手もよけ、それをよけようとすると相手も同じ方向に…以下繰り返し
よくある事です。
そんな展開が読めたので、分かれ道が無い事を確認のうえ、少し横にずれて先に通ってもらおうと手で合図しました。
同じタイミングで相手も手で合図を…以下省略


向こうから人がやってきた。同じ道を歩いているのでどちらかがよけなくてはいけません。
自分がよけた方に相手もよけ、それをよけようとすると相手も同じ方向に…以下繰り返し
よくある事です。
相手の方がよけてくれるだろうと堂々と歩きました。
相手がよける様子がなかったので、自分の存在に気づいてないと思い、少し横にずれると…以下略


向こうから人がやってくるかもしれない。
最初から肩を壁にこすりつけながら端を歩きました。
後ろの方から、「なんで、アイツは肩を壁にこすってるんだ?」という声がした。
でも今にわかるさ!
結局、誰ともすれ違わなかった。


向こうから人がやってくるかもしれないし、こないかもしれない。
狭い道を選ぶのはやめて広い道から行こう。
すると他の人が、「こっちから行った方が近いぞ」と行った。
「はい…」
狭い方の道を歩き…、以下略


向こうから人がやってくるかもしれないし、こないかもしれない。
周囲を見渡し、自分を見ている人がいない事を確認して広い道から行こう。
何事もなく目的地に辿りついた。
「なんで、後から行った俺の方が先に着くんだ」
無言で答えた。


向こうから人がやってくるかもしれないし、こないかもしれない。
周囲を見渡し、自分を見ている人がいない事を確認して広い道から行こう。
目的地まで全力疾走した。
「なんで、息を切らしてるんだ?」
早朝マラソンで持久力を鍛える決意をした。


向こうから人がやってくるかもしれないし、こないかもしれない。
周囲を見渡し、自分を見ている人がいない事を確認して広い道から行こう。
結局、早朝マラソンなんてやってないから、目的の直前で息を整えよう。
「はい、ごくろうさん」
どれだけ苦労したか分からないだろうなぁ。分かってほしいような。ほしくないような。
posted by べねるっぱ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

乙女の祈り

11月よりパダジェフスカ作「乙女の祈り」に挑戦します。

知名度でいえば、「エリーゼのために」「トルコ行進曲」と同様、ピアノではベタな部類に入るかと。
しかしながら、超えるべき壁もネタも盛りだくさんなので、一つ一つネタにしていこうかと思います。

今までの選曲といえば、聞いていて眠くなる(あくまでイメージ)のクラシックを避け、
盛り上がる曲や、冠婚葬祭どんな状況でも使えそうな使いまわし曲をメインにしてせいで、
ピアノの持つ芸術性とは違った道を歩んでいたが、今年はクラシックをメインに練習してきました。
宴会芸から芸術としてのピアノに目覚めるまで4年かかってます。
posted by べねるっぱ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基本的な事に気付いた

何故、今まで気づかなかったんだろう。

辞書で「爆笑」って引いてみたんです。

「大勢でどっと笑う事」

あれ?

「爆笑」って「笑」の強調かと思ってたんです。
(爆)を「爆笑」の略として使うのであれば、矛盾が生じます。
言うまでもなく、一人で爆笑は不可能です。(一人で笑うのは可能ですが)
しかし調べもせずに間違いだと指摘する事はいけません。
実際、(爆)は使われているので、大勢とは誰かを検証する必要があると思います。

1.聞き手の反応も含めて爆笑している。
  (俺もオマエも笑ってる)
相手側がウけているかどうかを決めつけているのが発言が問題であるが、
この問題をスルーしても、大勢と言うには少ない人数です。

そこで聞き手側の対象についてスケールを大きくして考える必要が生じます。

2.閲覧している全ての人々が爆笑している。
(俺もオマエを含めた全ての人たちが笑っている)
みんながみんな、笑ってるかどうかという問題はありますが、
これならば大勢という問題はクリアされます。

というワケで、スケールの大きさを示す為の一種のツールなのか思います。
「こんな擦り傷、日本酒ぶっかければ治るぜ!」
「俺は、週刊誌を上から取って買うぜ!」
「ちょっとくらい生だって食べちゃうぜ!」
などなど、スケールをアピールする意味として使われているという事になります。
ロマンを感じますね。
どちらにしても多用すると、スケールの小ささを隠す為に言ってる事に
なってしまうので、 気をつけるべきだとは思います。

そんなワケで、我々は(爆)を見直し、これからの未来につなげる新しい(爆)を提唱し、
人と人とのふれあいを…

えっ?私、(爆)が入ったメールを受けたって?

メールについて考えてみましょう。「1対多」に向けての送信は可能ですが、
それでも特定は出来ます。大抵は、「1対1」、場合によっては「1対2〜5」くらいは
ありますが、 大勢とはいえません。
まして「1対1」で(爆)を使用されたからには、大勢の証明は出来ません。
送信側で、大勢の同意を得て代表者が送信?そんな複雑な状況など滅多に作れません。
しかし、それを現実として想定するならば、

3.(爆)使いを大勢に対して集合をかけ、しばし議論の後、ほとんどが爆笑したので、 (爆)をつける事に決めた。

かなり無理はありますが、(爆)使いたちは会合を開き話し合いの末、爆笑を決定した。
「多対1」や「多対多」を想定したようです。
聞き手からしてみれば、笑いのハードルが低いような気がしますが、
爆笑という事実はあったのですがら、間違ってはいません。

(爆)はコミュニケーションの苦手な人たちの多い現在の世の中に、人々に交流の機会をあたえ…
 
えっ?規約に「(爆)を使いましょう♪」というサイトを見たって?

確かに大勢集めるのは大変だし、そんな大変な事を人に勧めたり強要したりは出来ません。
となると、(爆)使いたちの会合という説は、
あくまで可能性としてとどめておくしかありません。
他に考えられる事といえば、

4.自分にしか見えない存在。神や霊的な存在。
 
(爆)使いこそシャーマンです。人間を超越した存在。
そんな人にこそ(爆)という大きなパワーを扱う資格がある。
非科学的な事を全て否定する方からしてみれば、幻覚や妄想の世界かもしれません。
私のような考え方の人が、(爆)を不思議に思うのも、そのせいかも知れません。
尊敬される事もあれば軽蔑される事もある。
それに気づいていないといえばそれまでですが、そんな危険な行為をするのも疑問が
生じますし、これも可能性の一つかと…。

5.ノリで使ってみた。

やっぱりこれか・・・
posted by べねるっぱ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 嗚呼、ネット人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

地獄からの復活

まだ完治とは言えませんが、体調がよくなりました

快気お祝いのリスト載せとくんでヨロシク!

ケーキ
メロン
アイス
松茸
牛丼
うどん
プリンタのインク
布団カバー
長袖のシャツ

大型テレビ
DVDデッキ
腕時計
グランドピアノ
現金
posted by べねるっぱ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

認める心。

勝負なんてしてないけど、
明らかに相手の方がいい結果を出した時。

そんな時は認めなくてはいけません。

自分の信じるやり方と異なる場合もあります。
それでも相手は結果を出したワケです。

素直に相手を認めなくてはいけません。

それが難しい時もあるんだけどね。

悔しいと思ったら挽回すればいい。

それが難しい時もあるんだけどね。

悔しいという気持ちを見せたくない事も多いよね。

相手を認める事って大切です。

でも酒飲むとどうにもなりません。
posted by べねるっぱ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

見下す心。

人を見下すって最低ですね。

他の人がやっているのを見てはじめて気付きます。

そういう時って周囲が見えてませんね。
そうでもないって事を説明する時間が無駄です。
言っても分かりません。聞く耳持ちません。

そんな状況においても尊敬する人がいるワケです。
第三者には厄介な事です。

失敗して気付くのです。周囲がアラームあげてくれた事を。

高ぶった時でも落ち着きを持ちたいです。

でも酒飲むとどうにもなりません。
posted by べねるっぱ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

病床

滅多に風邪ひかないから、風邪ひくとかなりつらい

今なら意味不明なこの理論も理解できるかもしれない。

確かに風邪をこじらせて、大きな病気になる例は聞いた事があるが、
風邪くらい気合でどうにか耐えられるものだと思っていた。
でも甘かった。

病気したって好きなモン食い続けていたい!

っていう思想だったのですが、こんな事なら制限受けてでも健康が欲しい。
難しい病気にかかっている方に比べれば、ほんの一時の風邪かもしれません。
でも風邪は侮れない。

だけど今、こんな苦しい状況でどんな文章が書けるか挑戦してるんだ。
それだけの余裕があるっていう事だな、つまりは証明したいワケ…。
判断力の鈍った自分の文章を後で見るのも面白いでしょ?(自分だけが)

頭痛とかめまいとかというよりは、全身が痛いって感じです。
目が覚めた時、物凄く喉が痛くて長い一日を過ごしそうだなと覚悟はしていたけど、
長い長い長い長い長い長い長い長い…
もし、長期的にブログを休む事になったら、磁石さんと電池さんに代理で更新してもらおうかな。
あの二人なら自分の意志を貫いてくれるだろう。


続きを読む
posted by べねるっぱ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康は宝物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

唐揚げにマヨネーズ

唐揚げにマヨネーズって太るんだって。

やっべぇよ。

つけなくてもおいしくいただけるけど。
マヨを添えたいワケなのよ。
今日もそうしちゃったし♪
posted by べねるっぱ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風邪だな。

風邪ひいたっぽい。

「あと1日経てば、休みだ」と思うか、
「あと1日もある」と思うかでかなり違う。

とりあえず、お見舞いリスト載せときますんでヨロシク。
ケーキ
メロン
アイス
松茸
牛丼
うどん
プリンタのインク
布団カバー
長袖のシャツ

大型テレビ
DVDデッキ
腕時計
グランドピアノ
現金
posted by べねるっぱ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

キムチ

コンビニでキムチを買ったら箸がついてきた。

環境的観点から弁当類に箸はついていない。
箸が必要であれば、客が店員に伝え、箸をつけてもらう。
表向きはそうなっているのだが、
店員の判断で必要だと思った客に箸をつけているのが現状。

箸が必要かどうかは、大体は食べる場所によって決まる。
職場だったり、車の中だったり、草原だったり。
普通に考えて箸が無い環境である事が条件になる。
客側から何も言わなければ、店員がそれを推測し箸をつけるか判断する。
弁当であれば、家で食べる事もあるし、どこか外で食べる事も想定出来る。
カップ麺は微妙な位置だが、お湯さえあればという条件で考えれば、
箸が無い所で食べる事を想定しても不思議はない。

でも今回、買ったのはキムチだぞ。
キムチの他には牛乳も買ったが、それ以外は買っていない。
確かにキムチは箸で食べるが、家とか大抵は箸があって当然の場所で
食べるという予想は困難ではないと思います。
コンビニで弁当買って車の中で食べる人とかいるけど、
キムチ単体は、そんなにいないと思う。
お酒のツマミにする人はいるかもしれないが、
今回は牛乳を買ったので、それは無いと思います。
家に帰って、御飯のおかずにという想像がつけば箸は必要ありません。

箸が必要と判断したからには、
草原でキムチをつつき牛乳を飲み干す光景が思い浮かんだのでしょう。
どういうキャラクターなのでしょうか?

んー。箸が必要な時言うのはいいが、こちらから「いりません」って言うのもなぁ。
やっぱり箸が必要かどうか確認してくれるのが一番です。


posted by べねるっぱ at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | コンビニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

布団

いつも使ってる夏用の掛け布団。
カバーがボロボロなので外しました。
布団のタグらしき所に何か書いてある。
名前が書いてあって、その上に「月組」って書いてある。
これってもしかして…

幼稚園の頃から使ってる!

確かお泊り会の時に持って行ったような。

posted by べねるっぱ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする